トリキュラー
女性
二人の女性

トリキュラーは日本でたくさんの人が使用している人気のあるピルで、高い避妊率があることが特徴です。
しかし、トリキュラーも他のピルと同じく薬の一種なので副作用がないわけではありません。
トリキュラーにはいくつかの副作用がありますが、どのような副作用が起きやすいかを知っておくことで、対応ができるものもあります。
ピルで安心して避妊や生理の悩みを改善するには、効き目だけでなく副作用もしっかりと理解をしてから服用を始めるようにしましょう。

トリキュラーにはどんな副作用があるか

トリキュラーの服用で出る副作用の中で最もよくあるものが吐き気です。
吐き気は多くのピルで副作用として見られるもので、ホルモン量が変化することで体に出る症状だといわれています。
吐き気はよく見られるとはいえ、非常に辛い症状なのでどうしても我慢できない時にはピルの服用を止めてしまう人もいるようです。

吐き気の症状は身体がトリキュラーを服用することに慣れていないために起こるものです。
体の中に女性ホルモンが補充されるために、今までは自分の身体から分泌していたホルモンとのバランスが崩れて、身体が調整をしている状態です。
最初からホルモンバランスの調整がうまくいった時にはこういった症状が起きにくいと言われています。
ほとんどの人が最初からホルモンバランスが安定することはなくしばらくの期間バランスの乱れた状態があります。

そのため吐き気の症状はトリキュラーを飲み始めた時期に出ることが多く、飲み始めは特に体のホルモンバランスが乱れやすい時期です。
そして周期を何度か繰り返しているうちに身体がトリキュラーを服用することに慣れてくるので、徐々に体の中のホルモンバランスが安定していき吐き気も起こりにくくなります。

他にあらわれることが多い副作用には頭痛や体のむくみがあります。
こういった症状も体のホルモンバランスの変化が原因となって起こるものなので、トリキュラーを服用し始めた時期に起こることが多いようです。
そして吐き気と同様に、服用を続けているうちに徐々に副作用が軽減する人がほとんどで、これらの副作用は妊娠をした時の初期に見られる症状と似ています。
身体の中が妊娠をしている状態と似たような状態になるからで、トリキュラーを服用している時には身体は妊娠初期の時期と似ていると考えるとわかりやすいでしょう。

他にトリキュラーを服用している時期に起こる副作用には重篤な症状を引き起こすもので血栓症があります。
これは血液の塊ができてしまうことで、この塊が血管を塞いでしまうと、その先にある臓器に栄養補給ができなくなるので、場所によっては命に関わることがあったり、体の一部が機能しなくなってしまうことがあるものです。
血栓症もトリキュラーの飲み始めの時期に起きやすいとされているために、トリキュラーの服用を始める時には副作用に注意する必要があります。

トリキュラーの効果とは

トリキュラーには避妊率が高いという特徴がありますが、これは女性ホルモンを体の中に入れることで、身体を妊娠している状態に近づけて排卵を抑制する作用があるからです。
妊娠をする時には、女性の体の中で排卵が起こり、受精をすることで受精卵ができて、受精卵が子宮内膜に着床することで妊娠が成立します。

トリキュラーを服用している間は常に決まった量の女性ホルモンが体の中に補充されて、身体はホルモンが足りていると認識して自分の身体からは女性ホルモンを分泌させなくなります。
その結果、排卵が抑制されて、妊娠をしていないけれど排卵が起きないという状態になります。
基本的には排卵がないので妊娠することはありません。
ただ、トリキュラーの飲み忘れがあったりして決まった時間以上に服用していない時間が続くと、身体がホルモンが足りていないと判断をしてホルモンを分泌させて、排卵が起こってしまうことがあります。

排卵が起きていない女性の体では、妊娠に備える必要がないので、子宮内膜を厚くさせる必要がありません。
通常は受精卵ができた時に着床を促すために、生理周期の後半になるにつれて徐々に子宮内膜が厚くなり、受精卵がくることに備えます。
そして受精卵の着床が行われない時には生理として、子宮内膜が剥がれ落ち出血として体の外にでます。
トリキュラーを服用している時期には排卵が起きないので、子宮は受精卵を迎える準備をする必要がないので、子宮内膜を必要以上に厚くすることなく過ごします。
その結果生理として出血する量が少なくなります。

トリキュラーの体へ働きかけはこれだけでなく、さらに性交をした時に精子が子宮内に入りにくくなるような作用ももたらします。
女性の膣の中には頸管粘液というものがでていて、頸管粘液が出ることで子宮の中に精子を入りやすくするという作用があります。
トリキュラーを服用すると頸管粘液が薄くなり、精子が子宮の中へ入りにくくなり、避妊率が高まります。

もうひとつのトリキュラーの働きが卵管の働きを抑えるというものがあり、卵管は排卵が起きた卵子の通り道になっています。
この場所の動きが鈍くなることで通常のように妊娠を起こすことが難しくなり、妊娠を抑制する働きがでます。
トリキュラーはこのようにいくつかの働きを同時に起こす力があるので、高い避妊率が期待できます。

また、通販サイトではトリキュラーが安い値段で買えます。普段から使用している方は財布に優しい通販を、これから使用する方は一旦病院処方を受けてから購入をするのが良いでしょう。

トリキュラーの副作用が出た場合の対処法

トリキュラーを服用した時には常に副作用が起こる可能性があるということを忘れないようにしておかなくてはいけません。
特に吐き気や頭痛などの症状は多くの人に出るものなので、程度の差があるとしても自分にも起こるものとして考えておくと、いざという時に対処ができます。

トリキュラーを服用する前にはあらかじめ副作用が出るという想定で、色々な準備をしておくと実際に副作用があらわれてしまった時にも慌てずに対応できるようになります。
まず最もよく起こる吐き気を和らげるためには、トリキュラーを服用する時に吐き気止めを同時に使うと、吐き気が起きにくくなります。
一度吐き気が出てしまうと、それから内服をするのが大変な時もあるので、症状がでる前に使用することで吐き気が出ても程度を軽くすることができるでしょう。

また服用した後に症状が出る場合には、服用時間を寝る前にして、最も吐き気が強く出ている時間に眠ってしまうという方法もあります。
眠っている時には吐き気を感じにくくなるので、服用時間の調整してみると症状を感じにくくなることもあります。

同じように頭痛が出る場合には、鎮痛剤を使用すると痛みを多少和らげることができますし、痛みがある時には体を休めるということも大切です。
頭痛も寝ている時のほうが感じにくくなるので、服用時間の調整で解決することもあります。

副作用が強く吐き気だけではおさまらずに、嘔吐をしてしまった時には、服用から2時間以内の時にはピルの成分が体の外に出てしまっている可能性があるので、同じ種類の錠剤をもう1錠服用する必要があります。
嘔吐をしたのがそれよりも後だった場合には、ピルの成分が体に吸収されていると考えられるので追加で飲む必要はないでしょう。

注意すべき血栓症

また血栓症は足の血管で起こることが多く、どちらか片方の足だけにしびれなどの症状が出た時には血栓症を起こしている可能性があります。
そのような時にはトリキュラーの服用を中止してすぐに医師の診察を受ける必要があります。

血栓症はすぐに治療をすることが重要な病気なので、急いで受診をしたほうが良いでしょう。
血栓症ではないような副作用の場合でも、あまりに症状が強く苦痛が強い場合には無理に飲み続けずに、服用を中止して医師に相談をするようにしましょう。