トリキュラーの副作用が辛ければ超低用量のものに変更

トリキュラーは避妊目的や月経困難症などの治療にも、処方されている低用量ピルです。
低用量ピルは含まれているホルモン製剤の量を抑えてあるので、比較的副作用は起こり難いと言われています。
トリキュラーも日本人女性の体質に合ってるとして、多くの病院で処方されています。
ですが低用量タイプのトリキュラーであっても、体質によっては服用すると副作用が出てしまうという方もいるようです。

もしトリキュラーの副作用が辛いという場合は、超低用量ピルに変更してみてはいかがでしょう。
超低用量ピルは文字通り、低用量ピルよりもホルモン製剤の含有量を減らしたピルの事を言います。
国内ではヤーズという超低用量ピルが、多くの病院で処方されています。ヤーズは月経困難症の治療目的で処方されているピルです。

トリキュラーの場合、女性ホルモンの1つ卵胞ホルモンと同じ作用をする、エチニルエストラジオールは赤褐色と淡黄褐色の錠剤だと0.03mg配合されています。
白い錠剤には0.04mg含まれているのが特徴です。
超低用量タイプのヤーズの場合、エチニルエストラジオールの含有量は、わずか0・02mgです。
トリキュラーのエチニルエストラジオール量と比べると、約半分しか含まれていません。

ピルはホルモン製剤の含有量が多ければ多いほど、副作用が出やすいのが特徴的です。
通常ではありえないほどのホルモンが身体の中に入り込んでくるので、頭痛や吐き気、腹痛といった症状を感じやすくなります。
ヤーズをはじめとする超低用量タイプの場合、かなりホルモン製剤の量を抑えてあるので体内のホルモン量の変化に、身体がついていきやすく結果、副作用が起こり難いという仕組みとなっています。

またトリキュラーの場合は他のピルにも多く使われている、レボノルゲストレルが黄体ホルモンの代わりとして使われていますが、ヤーズはというとドロスピレノンという国内初の黄体ホルモン製剤を配合しているのもポイントです。
レボノルゲストレルが身体に合わなかったという方も、ドロスピレノンであれば副作用が起こり難いかもしれません。

避妊目的で超低用量はもらえない?

月経困難症の改善を目的としてトリキュラーを処方してもらっている人が副作用を辛いと思っているのなら、婦人科で相談してみるとヤーズという超低用量ピルに変更してもらえるはずです。
ヤーズは日本では2010年に発売された薬で、月経困難症の治療を目的として承認された薬です。
そのため、日本国内では避妊を目的とした処方はできないことになっています。

トリキュラーを避妊目的で服用している人が副作用に苦しんでいる場合、ピルの種類の変更を考えることもあるでしょう。
トリキュラーの副作用には吐き気や頭痛、腹痛などがあるので、日常的に起こるようなら仕事や家事に影響することもあるからです。
しかし、避妊を目的としてピルを買いたいなら超低用量ピルは処方してもらえないルールになっているため、副作用がひどい時は他の種類の低用量ピルに変えることが有効かを医師に相談してみるのがおすすめです。

トリキュラーの服用による吐き気などの副作用は、この薬を飲み始めてすぐの頃に多く出現するものとなっています。
大抵の場合は2~3カ月経つとトリキュラーによって調整されるホルモンバランスに身体が慣れてくるので、徐々に吐き気などが起こらなくなっていきます。
そこで、避妊目的でピルを使い続けたいという場合は身体が薬に慣れて副作用が起こりにくい状態になるまで待つという方法も考えられるでしょう。

また、トリキュラーを避妊のために使っていて副作用が辛かったという人は、月経困難症の症状が自分にあるなら月経困難症の治療を目的として超低用量ピルに変更してもらうことが可能かどうかを医師に相談する方法も考えられます。
ヤーズは月経困難症の治療が目的なら保険適用で処方してもらえる薬ですから、婦人科で相談して自分の悩みが解決できて身体に合うピルを見つけましょう。