低用量ピルの種類と効果について

ピルの中でも低用量ピルはいろいろな副作用を軽減した安心・安全性の高い避妊薬です。
避妊効果はもちろん中には生理痛を軽減したり出血量を減少したり、生理が定期的になるよう調整する作用があります。
自分のスケジュールに合わせて生理をずらすことができたり、さまざまなメリットを持っています。
性病を予防することを兼ねてコンドームと併用して利用すると良いでしょう。

ピルは妊娠したような女性ホルモンの環境を作ることによって、受精卵の着床や排卵などを抑制することが可能です。
そのため服薬し続けることで避妊することができ、何錠服用したら避妊できるというものではなくまとめて飲んでもその分効果はありません。
避妊効果の他には生理痛の軽減やにきびの改善にも利用することができます。
但し、ピルの種類によっては反対ににきびができやすくなる薬もあるので注意しましょう。

低用量ピルは何時に飲むと効果的だという時間帯は特になく、食前食後などのタイミングや経過時間なども気にせずに飲むことができます。
毎日忘れずに服用することが重要になるので、飲み忘れしにくい時間帯などに飲むよう習慣づけると良いでしょう。
飲み初めの時期において軽い吐き気を感じる人がいますが、就寝前に飲むと吐き気を感じにくくなります。

低用量ピルは28日タイプと21日タイプがあり、どちらも内容的には同じで基本的にピルを飲む期間は21日間で、その後7日間は服用しなくても良い期間になります。
その期間が終わるとまた21日間服用するサイクルを繰り返しますが、服用する日と服用しない日があり、飲み忘れを起こすことがあるので注意が必要です。
低用量ピルの中には飲まなくても良い7日間において薬の成分が入っていない偽薬を服用することで飲み忘れを防ぐことができる28日タイプがあります。
低用量ピルは確実な避妊のために服用するものなので、飲み忘れを心配する人は28日タイプを選択すると良いでしょう。

低用量ピルの飲み忘れ対処法

低用量ピルは、含まれているホルモン製剤の量が少ない種類のピルです。
そうでない種類のピルに比べ、服用しても副作用が起きにくいと言われています。
負担が少ないとして国内では低用量ピルを処方するクリニックが多いようです。

ただ、低用量ピルは飲み忘れてしまうと、避妊などの効果を得られません。
毎日、同じ時間帯に服用し続けるということが大切です。
できるだけ忘れないよう気を付けて服用していても、気が緩んでしまうなどで飲み忘れてしまうケースもあるでしょう。
低用量ピルの飲み忘れを予防するには、どのような対策を行うのが良いのでしょうか。

おすすめなのが、服薬サポートアプリです。
服薬サポートアプリは毎日同じ時刻に服用が必要となる、医薬品の服薬時間を知らせる機能を持つアプリとなっています。
低用量ピルにはいくつかの種類がありますが、種類別に設定できるのでとても便利です。

このアプリをダウンロードし自分で設定した時間になれば、アラームが鳴って服用するタイミングを教えてくれます。
設定時間に服用が記録されなかった場合に、再度通知を行うスヌーズ機能がついているアプリがほとんどです。
もし飲み忘れてしまったとしても15分に1回程度の経過時間でお知らせしてくれるので、毎日ほぼ同じ時間帯に低用量ピルを服用できます。

摂取するタイミングを知らせてくれるだけでなく、服薬サポートアプリは服用した記録が管理できたり、1日ごとに体調を記録できるようにもなっていて、健康や体調管理にもおすすめです。
低用量ピルを飲む必要がある場合、いつも手元に置いてあるスマートフォンに服薬サポートアプリをダウンロードしておけば、もしもの時も、飲み忘れてしまうということは無いでしょう。

最近では通販でピルを購入する方も増えているので、その購入ページにある服用方法のスクショを撮っておくのも良いでしょう。
例えば低用量ピルでは最新のヤスミンの飲み方はこちらの真ん中辺りに載っていますので、それぞれ何かしらの方法で手元に飲み方や飲み忘れを防ぐように対策をしましょう。